令和4年公認会計士試験第Ⅰ回短答式試験を受験された全ての方へ

スポンサーリンク

こんにちは!とむやむくんです。

令和3年12月12日(日)に会計士試験の第Ⅰ回短答式が実施されました。

受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

短答式試験は合否のおよその印象が試験直後から分かってしまうシビアな試験です。

今回はみなさんが自己採点をしていて、

ある程度自分の今後の身の振り方が分かっていることを前提に、書いていこうと思います。

(今回は文字装飾なしで書かせていただきます。)

スポンサーリンク

結果が良かった方へ

まずは、おめでとうございます。

とはいっても、合格発表まで合否はわかりませんが、

例年の状況からまず合格、と思われる方については、一旦肩の荷が降りたかと思います。

本当にお疲れ様でした。

そして、もちろん公認会計士試験はここで終わりではありません。

この先8か月後には論文式試験が待ち構えています。

租税法と選択科目(経営学)が追加され、出題形式も択一式から論述式に変わります。

短答式試験後に少し落ち着きたい気持ちも分かりますし、ひとまず休憩しても私はいいと思います。

基本的には予備校のスケジュールに従っていれば問題ありませんが、

私の経験上、企業法、租税法、財務会計論(理論)は早めの対策を取るに越したことはありません。

どれも論文式試験で難易度の高いものになっています(企業法は短答式とは別次元の試験です)

準備を整えたら、早い段階で勉強を再開することをおススメします。

と、勉強の話になってしまいましたが、とりあえず、実力が発揮できたことを喜びましょう。

スポンサーリンク

結果が芳しくなかった方へ

自己採点の結果、自分の望んだような点数が取れなかった方。

短答式試験は実力が反映されにくい、運の要素も多分にある試験です。

今回もし、ダメだったとしても、それがイコール努力が足りない、等では決してありません。

こうして本試験まで勉強を積み上げ、こうやって情報収集のためにブログを読んでいただいて

そんな方の努力が足りないはずがありません。

ただ少し、勉強の手法やコツ、当日の運がなかっただけです。

皆さんが重ねてきた努力を、あとほんの少し変えれば合格は必ずできます。

しばらくは現実が直視できないとは思います。

凹んで、後悔して、勉強から距離を置いて、そしてもう一度受験のステージに戻ってきたときに

結局自分に足りなかったものは何だったのだろう。

何がダメで点数が取れなかったのだろう。

大いに振り返って見て下さい。

必ずその経験は今後の勉強の大きな指針になります。

次に行くための糧になります。

勉強してきたこと、受験してきたことは無駄ではありません。

そして、必ず合格できます。

合格しましょう。

私はこんなブログ内で文字でしか応援することはできませんが、これからも情報発信を続けていきます。

少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

まとめ

令和2年は論文式試験が延期になり、

令和3年は短答式試験が1回潰れました。

令和4年の試験は久しぶりに通常通りの実施スケジュールで開催されます。

今後の事は誰にもわかりませんが、ひとまず、8月の論文、5月の短答、次のステージに向かって頑張っていきましょう。

スポンサーリンク

【全受験生へ】試験に合格しても、会計士になれるのは3年後です

最短で会計士になるためには

①最短で試験に合格する
②最短で会計士登録要件を満たす

この2つが必要になります。

①最短で会計士試験に合格するためには

・確実に点数の取れる知識の習得
・十分な勉強時間の確保

この2点が何より重要です。

②合格後最短で会計士登録するためには

・実務経験の2年を少しでも早く満たす

これが必要です。

まず①「会計士試験合格」について

会計士試験は簡単な試験ではありません。

『解答を暗記しただけの上辺の知識では合格できません』

『勉強時間は社会人は平日5時間、専念生は10時間は必要です』

恐らく大半の方は、思ったように勉強が進んでいないのではないでしょうか。

勉強内容のイメージが全く付かない!
仕事が忙しくて勉強ができない!

そんな声を何度もお問い合わせで頂いております。

次に②「会計士に必要な実務2年」について

合格後2年たった次の年の修了考査が受験可能になるので

合格後最低3年は会計士登録までにかかると考えて下さい。

合格してから3年は長い!と感じられるかもしれません。

そもそも合格までに3年かかったら会計士登録は6年後…なんてことになりかねません。

さて、この①会計士試験最短合格②実務要件2年の問題を両方解決する方法があります…

それは、合格前から監査法人へ就職することです。

実はあまり知られていませんが、監査法人には勉強中でも就職できます。

〇社会人の方は前職の経験
〇受験生の方は簿記知識や会計士の受験経験

これらで監査法人に就職できる可能性が十分にあります。

試験休暇(数か月)、潤沢な収入(年収500万以上)、会計士登録に必要な実務要件さえ満たします。

実際に監査を経験することで
⇒勉強の理解を圧倒的に高めます。

試験休暇中は仕事をしなくていいので
⇒数ヶ月勉強時間を確保ができます。

合格前に実務経験を満たすことで
⇒なんと1年目から修了考査を受験することができます(通常3年)

つまり合格前から監査法人に就職することで、『最短で会計士になることが可能です』

そしてたとえ不合格でも『好待遇で』働き続けることができるのも魅力です。

実は求人情報は一般的には公開されておらず、監査法人のHPにもあまりなく、

監査法人とつながりの深い転職サイトを通じて公開しているのみとなります(どこにでも掲載してしまうと会計や監査に全く無関係の方の応募が殺到してしまうようです)

なので監査法人に応募するには、『監査法人に強い転職サイト』へ登録すること。

そうすることでBIG4全ての求人を見ることができます。

【ただし、注意点が一つ】

転職サイトでより良い求人を見つけるために、

登録後案内のある、数分の簡単な面談(電話等)を受けることをオススメします。

これは私も知らなかったのですが、実はサイトに掲載されている以外の求人がかなりあるからです。

そういった求人は担当者の方から直接紹介してもらえますが、面談を受けていると『より自分に合った』求人を紹介してくれます。

(というか要望を伝えさえすれば掲載されてないものも大量に紹介してくれます)

そうすればその後の給料交渉や勤務形態(残業無など)の交渉も『全て』やってくれます。

紹介だけしてもらって就活は合格後…、と言う対応も柔軟にして頂けます。

その中でも私はBIG4の求人に強く、業界1位の実績があるということで、こちらのサイトを使っていました↓↓

ちなみに、早めに登録しておくとこんなメリットがあります。

・現状でも就職できる法人が知れる
・必要なスキルが明確になり勉強の指針になる
・合格後の定期採用と並行して行動することができる

登録や利用自体に時間はかかりませんから、勉強の合間の数分で可能です。

このブログを読んでいらっしゃる方は、そもそも予備校や周りの意見だけでなく、ご自分で動こうという強い意志を持っている方です、私は予備校の言いなりでしたから、本当に尊敬します。

残業が多くて勉強する時間が作れない、収入も増やしたい!

少しでも早く合格して、早く公認会計士になりたい!

その願望は『行動』を起こせば叶えることができます。

そのためにはまず、選択肢を増やさなくてはなりません。

利用は完全無料、是非登録して見て下さい。

就職サイトは複数登録が基本
そして、使ってみて合わなかったらすぐ変えてしまうというのが一般的です(無料ですし)。私が使っておススメだったサイトを追加でいくつかご紹介します。

〇高収入求人も見たい方
監査法人の求人も見たいし、好待遇な求人も見たい。
そんな方はミドル~ハイクラス求人に特化したサイトをオススメします。
どちらも大手でCM等で有名な会社です、よろしければ登録してみて下さい。
JAC Recruitment
エンワールド・ジャパン

〇19歳~28歳の方
こちらは逆に利用できる年齢が制限されていますが、その分各企業担当からの面談対策等一人当たり10時間以上の手厚いサポートをして下さいます。
掲載されている情報も優良求人ばかりですので、対象の方はぜひ登録してみて下さい。
第二新卒エージェントneo

スポンサーリンク

受験生全般向の他記事もチェック!

受験生全般向けの記事をこちらにまとめています。

受験生全般向記事一覧【こちら】

>>BIG4に転職する『意外な方法』を紹介!

その他勉強法、予備校、監査法人、会計士の魅力についてはこちら
(↓画像をクリックで飛べます↓)

タイトルとURLをコピーしました