実態(年収、残業など)

実態(年収、残業など)実態(年収、残業など)
実態(年収、残業など)

監査法人の仕事は楽勝|監査がラクな理由

公認会計士に合格したら仕事は余裕、ホワイトで簡単な仕事で楽しく働ける。あまり楽な仕事と思っていると後で痛い目に合うかもしれません。
実態(年収、残業など)

監査法人が最高に働きやすい3つの理由

激務、残業、うつ病、キツイ…そんなイメージがある監査法人ですが、実際は給料も高く、ワークライフバランスも良い、ストレスの少ない最高の職場です。
実態(年収、残業など)

監査法人のワークライフバランス『残業なんかしなくてもいい?』

監査法人の働き方について書きます。公認会計士の有休、育休、産休等の休暇状況、定時帰りできるか等の残業の話、時短勤務、契約社員などの雇用関係の話にも触れていきます。
実態(年収、残業など)

会計士(監査法人)の繁忙期は激務!いつ頃で残業時間はどれ位?

残業代は全て出ますが、長い長い繁忙期、辛い、大変、キツイ、いつまで続く…本当はどうなのでしょうか。彼女彼氏と別れたりそんな話も聞きます。4月、5月、12月、1月…書いていきます。
実態(年収、残業など)

監査法人のブラックな部分。鬱になる人が続出?

激務、きつい、残業の多さからウツ病になる方が多い?確かにうつ病になる方はいます。ただ最近はホワイト化が進んでいます。公認会計士になった後大半の方が行くことになる監査法人の現状について書いていきます。
実態(年収、残業など)

監査法人の在宅勤務はどんな感じ?実体験を元に解説します。

会計士のほとんどの方は監査法人に努めていると思いますが、その在宅ワーク(テレワーク)の状況について、コロナ禍でより促進された現状を書いていきます。最近では在宅勤務可能な求人も増えており、かなり普及してきている制度です。
実態(年収、残業など)

【過度の期待は禁物】監査法人の年収は1年でどれ位あがるのか?

公認会計士の年収1000万が平均みたいなのを見るし、監査法人でも1年ごとに相当上がるんでしょ?正直な話、1年目も2年目も年収やボーナスはほぼ変わりません。
実態(年収、残業など)

監査法人の繁忙期と閑散期について(8月編)『閑散期は出勤日なのにほぼ休み?』

激務、残業、鬱、キツイ、もう無理!みたいな話を聞く監査法人ですが、これは繁忙期の話。それでは閑散期はどんな感じなのか、今回は8月の監査法人の業務、夏休みなどの状況について書いていきます。
2022.04.09
実態(年収、残業など)

監査法人の福利厚生は言うほど悪くない『住宅手当もある?』

BIG4(トーマツ、新日本、あずさ、あらた)や準大手(太陽、三優など)・中小の福利厚生について比較しながら実際の福利厚生について書いていきます。住宅手当(家賃補助)も今は支給されるところがあります。
実態(年収、残業など)

監査法人の夏休み事情について『1ヶ月位休むことも可能』

長期休みを利用して海外旅行、自己研鑽…監査法人は夏休みや年末年始の休みが長く、そんなことも可能です。公認会計士になったら海外に出向することもありますから、知見を広めるためにも有効に活用しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました