令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験解答速報、ボーダー予想まとめ!過去の推移や合格率も解説

※アフィリエイト広告を利用しています。

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験解答速報、ボーダー予想まとめ
スポンサーリンク
この記事は以下のような方におすすめ
・令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験解答速報、ボーダー予想が知りたい方
・公認会計士試験の過去のボーダー、合格率が知りたい方
とむやむくん
とむやむくん
令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験解答速報、ボーダー予想の情報についてまとめました。

こんにちは!とむやむくんです。

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験を受験された皆様、本当にお疲れさまでした。

終って早々に気になるのはやはり解答速報、ボーダー予想だと思います。

基本的には公認会計士予備校の発表するものを待つことになりますが、

各予備校の情報がまとまっていないことが多いので、

解答速報、ボーダー予想についてまとめると共に、過去のボーダー、合格率についても解説していきます。

予備校は合格者占有率約50%のこちらを推奨!
【CPA会計学院】無料資料請求はこちら

【ストップ!!】監査法人就職のウラ技
簿記を勉強している。前職がある。
実は、これだけで十分就職可能です。

・完全に残業しない
・試験休暇なんと3ヶ月
・年収500万以上
⇒これが『今すぐ』実現できます。

合格前から実務要件を満たすので最短で会計士になることができます。
ただ実は…法人HPに求人情報はあまりありません。
情報を得るには監査法人の掲載が多い就職サイトへ登録する必要があり、そうすることで全てのBIG4求人を見ることができるようになります。
私は監査法人求人が多く業界トップクラスの実績があるこちらでお世話になりました。
もしお悩みでしたら無料登録してみて下さい↓↓(今は特に受験生向け求人が大量にあるそうです!)

受験生へ伝えたいこと
勉強時間の確保はできていますか?
点数が伸び悩んでいませんか?
私がおすすめすしているのは監査法人で働きながら受験することです。
・残業無、受験相談等のフォロー体制充実
・試験前に長期の休暇取得が可能
・実務を通じた学習理解の向上
(さらに会計士実務要件を合格前に充足できたり、年収が高い、等のおまけつきです)
ですが各法人HPに求人はほぼ無く、合格者以外で監査法人へ行く方の多くは、就職サイトを利用しています。
ですがサイトも色々で、中には監査法人の求人がない…なんて場合も結構あります。選ぶ際は監査法人求人が多く掲載されたサイトを選ぶことをおすすめします。
私が10か所以上利用して一番良かったサイトは『業界トップクラスの実績』があるヒュープロです。リンクを貼っておきますのでご興味がありましたら登録してみて下さい。
新規会員登録(無料)はこちら【ヒュープロ】

スポンサーリンク

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験出願者数について

公認会計士試験短答式受験者数推移

こちらが公認会計士試験の受験者数(出願者数)をグラフで表したものです。

近年増加傾向にある公認会計士試験の受験者数(出願者数)ですが

今回(R6年第Ⅰ回短答式試験)がH25年以降で過去2番目に多い受験者数(出願者数)になっているのがわかると思います。

表ではわかりにくいので、見にくくて大変恐縮ですが、文字でも推移を書いておきます。

H25Ⅰ 9,984人
H25Ⅱ 9,477人
H26Ⅰ 7,689人
H26Ⅱ 8,156人
H27Ⅰ 7,207人
H27Ⅱ 7,637人
H28Ⅰ 7,030人
H28Ⅱ 7,968人
H29Ⅰ 7,818人
H29Ⅱ 8,214人
H30Ⅰ 8,373人
H30Ⅱ 8,793人
H31Ⅰ 8,515人
H31Ⅱ 9,531人
R2Ⅰ 9,393人
R2Ⅱ 10,191人
R3 14,192人
R4Ⅰ 12,719人
R4Ⅱ 14,958人
R5Ⅰ 14,550人
R5Ⅱ 15,883人
R6Ⅰ 15,681人

ご覧の通り、2023年令和6年第Ⅰ回短答式試験の受験者数(出願者数)が15,681人と過去2番目に多い人数(第Ⅰ回としては最多)になっています。

※受験者数(出願者数)はこちらを参照しています 公認会計士監査審査会『公認会計士試験

スポンサーリンク

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験解答速報について(TAC、大原、CPA、LEC)

解答速報については各予備校より随時更新されております。

・TAC 解答速報はこちら

・資格の大原 解答速報はこちら

・CPA会計学院 解答速報はこちら

・LEC 解答速報はこちら

スポンサーリンク

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験ボーダー予想について(TAC、大原、CPA、LEC)

ボーダー予想についても各予備校より随時更新されております。

・TAC ボーダー予想はこちら

・資格の大原 ボーダー予想はこちら

・CPA会計学院 ボーダー予想はこちら

スポンサーリンク

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験データリサーチについて

データリサーチがご覧になりたい方はこちらをご覧ください。

・TAC データリサーチはこちら

・資格の大原 データリサーチはこちら

・CPA会計学院 データリサーチはこちら

スポンサーリンク

公認会計士短答式試験のボーダー推移について

公認会計士短答式ボーダー推移

こちらの図が近年の公認会計士短答式試験のボーダーの推移を表した図です。

従来は公認会計士短答式試験のボーダー予想としては、70%取れていれば安心できる、と言われていました。

ただ、冒頭記載させていただいた通り、公認会計士試験の受験者数の増加に伴い、

70%取れていてもボーダーがそれを超えてくることもある、という現象が起こっていることがこの図から分かります。

もちろんその回の難易度等によってかなり左右されますが、

近年の短答式試験のボーダーを見るとかなり顕著に表れています。

(R4Ⅱの73%となっておりとんでもないことになっています)

最新の令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験のボーダー予想については、先ほどリンクを記載した各予備校の参考にしていただければ幸いです。
スポンサーリンク

公認会計士短答式試験の合格率について

会計士試験短答式試験合格率推移

こちらの図が近年の公認会計士短答式試験の合格率の推移を表した図です。

一時は10%を超えるような時期もありましたが、

直近令和4年第Ⅱ回は5.2%、令和5年第Ⅰ回が8.1%、令和5年第Ⅱ回が5.8%と

近年の受験者数増加に伴って合格率が下がっています。

(受験者数が増えてもそこまで合格者を増やしていないことがわかります)

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験の合格率も、やはり出願者数がかなり多いため、直近2回と同じような合格率になることが考えられます。(通常第Ⅰ回短答式の方が合格率は上がります)
スポンサーリンク

合格発表までどうすればいい?論文式試験の勉強は?

〇今回手応えのある方

第Ⅰ回短答式試験はご存じかとは思いますが

論文式試験(8月)までの期間が長く、対策を取り易いという特徴があります。

各予備校のボーダー予想内でもお話はあるかとは思いますが、

合格可能性が高いのであればすぐさま論文式試験の対策を始め、第Ⅱ回短答式合格者との差をつけておくべきです。

(まあ翌日位は休んでもいいとは思いますが…)

特にここまで短答に特化して論文対策をしていなかった方にとっては、この期間は本当に重要です。

〇今回残念ながらうまくいかなかった方

残念ながら今回合格可能性が低い方は、

一度ご自分の勉強スタイルや方針を検討し直すことをおすすめします(短答式に7回落ちている私の実体験からもそう考えています)

・スケジュール通り勉強できたか
・全科目目標の状態にできていたか
・勉強時間は確保できていたか
・サボってしまった原因は何か

見直すことはたくさんあると思います。

スケジュール通りできたし、全科目目標の状態まで持って行けた!と言う方は少数。

何かしらの問題が、勉強を進める上であるはずです。

この機会に一度、検討し直してみて下さい。

中でも、

『勉強時間が圧倒的に足りない、急な仕事等でスケジュール通りいかない、成績がどうも伸びない』という方は

この機会に監査法人に受験中に就職してしまうことも検討してみてはいかがでしょうか。

・試験休暇を数ヵ月取得可能
・実務を通じて勉強の理解を促進
・実務要件を満たすので最速で会計士登録が可能
・経済的に安定

等々、メリットはたくさんあります。(試験休暇がありがた過ぎます)

ご興味のある方は一度求人情報だけでもご覧ください、実は結構あります。

参考までに私が使っていた求人サイトを載せておきます、無料ですのでよろしければご利用ください。

どんな公認会計士になりたいのか、どうして公認会計士になりたいのか、等も試験を受けるモチベーションとしては改めて考え直すのもいいと思います。
スポンサーリンク

まとめ

令和6年公認会計士第Ⅰ回短答式試験、本当にお疲れさまでした。

解答速報、ボーダー予想はかなり気になる所だとは思いますが、

まずは一度しっかり身体と心を落ち着けて、自分を労わってあげてください。

受験はまだまだ続きます、ここがゴールではありません。

合格まであと少し、気合いを入れ直して、必ず合格しましょう!

スポンサーリンク

【全受験生へ】試験に合格しても、会計士になれるのは4年後です

最短で会計士になるためには

①最短で試験に合格する
②最短で会計士登録要件を満たす

この2つが必要になります。

①最短で会計士試験に合格するためには

・確実に点数の取れる知識の習得
・十分な勉強時間の確保

この2点が何より重要です。

②合格後最短で会計士登録するためには

・実務経験の3年を少しでも早く満たす

これが必要です。

まず①「会計士試験合格」について

会計士試験は簡単な試験ではありません。

『解答を暗記しただけの上辺の知識では合格できません』

『勉強時間は社会人は平日5時間、専念生は10時間は必要です』

恐らく大半の方は、思ったように勉強が進んでいないのではないでしょうか。

勉強内容のイメージが全く付かない!
仕事が忙しくて勉強ができない!

そんな声を何度もお問い合わせで頂いております。

次に②「会計士に必要な実務3年」について

合格後3年たった次の年で公認会計士登録が可能になるので(更に修了考査突破が必要)

合格後最低4年は会計士登録までにかかると考えて下さい。

合格してから4年は長い!と感じられるかもしれません。

そもそも合格までに3年かかったら会計士登録は7年後…なんてことになりかねません。

さて、この①会計士試験最短合格②実務要件3年の問題を両方解決する方法があります…

それは、合格前から監査法人へ就職することです。

実はあまり知られていませんが、監査法人には勉強中でも就職できます。

〇社会人の方は前職の経験
〇受験生の方は簿記知識や会計士の受験経験

これらで監査法人に就職できる可能性が十分にあります。

試験休暇(数か月)、潤沢な収入(年収500万以上)、会計士登録に必要な実務要件さえ満たします。

実際に監査を経験することで
⇒勉強の理解を圧倒的に高めます。

試験休暇中は仕事をしなくていいので
⇒数ヶ月勉強時間を確保ができます。

合格前に実務経験を満たすことで
⇒なんと1年目から修了考査を受験することができます(通常3年)

つまり合格前から監査法人に就職することで、『最短で会計士になることが可能です』

そしてたとえ不合格でも『好待遇で』働き続けることができるのも魅力です。

実は求人情報は一般的には公開されておらず、監査法人のHPにもあまりなく、

『監査法人とつながりの深い転職サイト』を通じて紹介しているのみとなります(どこにでも掲載してしまうと会計や監査に全く無関係の方の応募が殺到してしまうようです)

なので応募するには、『監査法人とつながりの深い転職サイト』へ登録する必要があります。

そうすることでBIG4全ての求人を閲覧・紹介してもらえるようになり、

さらに、登録後は給料交渉や勤務形態(残業無など)の交渉も『全て』やってくれます。

(登録さえすれば求人は見れますので求人を『見るだけ』というのももちろん可能です)

その中でも私はBIG4の求人を多く掲載し、業界トップクラスの実績があるということで、こちらのサイトを使っていました↓↓(今は特に受験生向け求人が大量にあるそうです!)

ちなみに、早めに登録しておくとこんなメリットがあります。

・現状でも就職できる法人が知れる
・必要なスキルが明確になり勉強の指針になる
・合格後の定期採用と並行して行動することができる

登録や利用自体に時間はかかりませんから、勉強の合間の数分で可能です。

このブログを読んでいらっしゃる方は、そもそも予備校や周りの意見だけでなく、ご自分で動こうという強い意志を持っている方です、私は予備校の言いなりでしたから、本当に尊敬します。

残業が多くて勉強する時間が作れない、収入も増やしたい!

少しでも早く合格して、早く公認会計士になりたい!

その願望は『行動』を起こせば叶えることができます。

そのためにはまず、選択肢を増やさなくてはなりません。

利用は完全無料、是非登録して見て下さい。

スポンサーリンク

受験生全般向の他記事もチェック!

受験生全般向けの記事をこちらにまとめています。

受験生全般向記事一覧【こちら】

>>BIG4に転職する『意外な方法』を紹介!

その他勉強法、予備校、監査法人、会計士の魅力についてはこちら
(↓画像をクリックで飛べます↓)

タイトルとURLをコピーしました