『会計×英語=最強』の理由(受験生でも、合格者でもOK)

スポンサーリンク
この記事は以下のような方におススメ
・会計士受験生の方
・会計士試験合格者の方
とむやむくん
とむやむくん

会計の知識にプラスするなら間違いなく英語です。

こんにちは!とむやむくんです。

やろうとは思っている、でもなぜか勉強の進まない英語。

会計士としてのキャリアを考えるうえで、英語は切っても切り離せない関係です。

今回は会計×英語に焦点を当てて書いていきます。

スポンサーリンク

会計士で英語ができると、英語ができないと

まずは、英語がいかに会計士との相性がいいかについて書いてきます。

監査法人内で有利(年収等)

監査法人内での英語の重要性は前から言われ続けていますが、

最近では英語力が必須のスキルとなっています。

むしろ、TOEICの点数が昇進の条件になっている法人もあります。

英語ができないと、昇進すらできないということです…

それ以外にも

・海外の監査基準の理解(IFRS等)
・海外駐在を経験する場合
・英語でクライアントとやり取りをする場合

などなど、挙げればキリがないですが、

英語ができることで法人内での評価が高くなることは間違いありません、当然年収等にも影響してきます。

BIG4は特に全世界を相手に働くことができますので、役職にもよりますが英語ができないと話が通じません。

転職で有利になる(好待遇な求人)

これは、受験生の方にも該当します。

仮に会計士試験に合格していなくても、

会計の知識があるということは転職市場でアドバンテージになります。

それだけでも転職することはできるのですが…

さらに、そこに英語力が加わると、グッと求人の数が多くなります、しかもかなり好待遇です。

会計士の方はもちろん、ですが

英語力があるだけで転職後の年収が数百万円変わることはザラにあります。

受験生の方は、会計の勉強経験と、英語力があるだけでとんでもない待遇で転職が可能です。

キャリアの幅が広がる(USCPA等)

会計士は本当に選択肢の多い資格です。

しかしそこに英語のスキルが入ると、よりキャリアに厚みを持たせることができます。

独立するにしろ、転職するにしろ、高単価な契約社員をするにしろ、

できることの多さが全く違います。

USCPAを狙うことさえできます。

将来のキャリアが決まっていなかったとしたら、その選択肢を広げるために、英語力はあるに越したことはありません。
スポンサーリンク

会計士に合格して感じた英語力の重要性

私は正直、英語が大嫌いでした。

会計士の試験科目に英語がなくて本当に安心しました。

ですが、会計士試験に合格して入所した監査法人。

・英語で作るメール
・Google翻訳がないと読み解けない監査資料
・周りの英語力の高さ

英語の必要性を嫌という程痛感しました。

実際私の法人でも、英語を取得していると給料が結構変わってきます。

スポンサーリンク

英語をマスターする方法

英語をマスターするための条件としては

1.短期間でマスターできる
2.継続することができる強制力
3.読む、書く、聞く、話す、網羅的に学習

この3つの要素が必要だと考えます。

やはり、プロに習うのがやはり最短のルートだと思います。

そこで私はRIZAP ENGLISHを試してみました。

これには理由があります

・マンツーマンなのは当然、「専属トレーナー」が付く
・英語漬けの毎日を送り超短期間で効率的に学ぶ
・自分に合った学習プランを作ってくれる

正直、RIZAPイングリッシュの値段は高めです。

ただ、同じマンツーマン型で時間単価の値段にすると、実は最も安い、という理由であったり

ネームバリューがあり、何よりも専属トレーナーが自分だけの学習プランを作ってくれる。

大手でしっかりと結果にコミットしてくれる気しかしなかったので

今回はRIZAPイングリッシュのノウハウが1日で体験できるプランがありましたのでそれを利用しました。(この1日体験プランは実施していない時期もあります)

マンツーマントレーニングを受けた感想

RIZAPイングリッシュの英語脳養成メソッドを1日(5時間)に凝縮したプランでした。

私が体験したの英会話コース、それぞれやった内容を書いていきます。

1.まず最初に実力テスト

テスト内容としては、

・英文の読み
・日本語を見て英文を話す

と、いたってシンプルなものでした。

正直大学までは普通に英語の授業を受けていましたし、それなりの成績だったのでそこそこできるだろうと思っていましたが…

全然できませんでした。

難易度としては少し高めに設定されているかもしれませんが、それでもとても悔しかったです。

ここで英語力を診断され、その後の学習プランを作っていきます。

2.実践

英語力を診断したら早速RIZAPイングリッシュのメソッドに基づいた学習に移りました。

内容としては、

1.英語を聞き取り、英文に起こす
→自分が苦手な英語の音を認識する
2.英分をスラッシュで区切り、前から訳していく
→学校の授業のように後ろから訳していくのは現実ではNG
3.英文音声を速度調整等しながら同じスピードで音読
→英語独特のリズム・抑揚・アクセント・発音を習得
4.英文の意味を理解しながら音読する
→英語から日本語ではなく、英語は英語として意味がわかるようになる
5.高速変換トレーニング
→簡単な日本語文を見て、即座に英語で話す
6.実践スピーキング
→自己紹介(2分程度)を自分で考え発表

と、盛沢山…

この短時間でこんなに英語漬けにできるものか、と思いました。

3.後半に備えて自己学習

ここで一度トレーニングは休憩…

ではなく、

先ほどの実践でやった内容を『全て』、後半に確認テストを実施します、

と言われるのでそれに備えて、ひたすら反復します。

音声と同時に行う音読は60回以上やりました。

4.確認テスト

そして実際に勉強した成果についての確認テストをします。

ひたすら反復した甲斐があって、普通にできるようになっています。

この時点ですでに成長が体感できました、自分でいうのもなんですが、発音や抑揚等もかなり音源に近くなりました。

と、ここまではいいのですが…

これにプラスして応用テストが始まります。

音読した英文であれば(長文です)、それについての質問を英語で投げかけられます。

そしてそれに英語で瞬時に答える、というトレーニングをします。

これが本当に難しかった、というか悔しかったです。

英文は60回も読めば内容は頭に入っています、聞かれていることはわかります、日本語での答えも分かっています。

でも言いたいことが言えない。

伝えたいことが伝えられない。

一度だけ行ったハワイで味わった会話できないやるせなさを思い出しました。

問題が難しかったとかではなく、答えを聞くと中学生でもわかりそうなものです。

英語力が衰えたこともありますが、学校でやっていた読み書きがいかに無意味だったかを痛感しました。

5.専属トレーナーによる学習プラン作成

最後に英語学習についてのアドバイスがもらえます。

RIZAPイングリッシュのもっと高いコースの申し込み勧誘とかはありませんでした。

普通に英語の学習についてのアドバイスでとても参考になりました。

さらっとコースの説明はありましたが、特に勧誘等はなく本日はありがとうございました、という感じで終わりました。

6.体験した感想

ここまで読んでいただくと、かなり厳しいレッスンが繰り広げられたのかと思われるかもしれませんが、

内容は結構やりましたが、講師の方は終始笑顔でとても優しかったです。

ほんの少しできただけでとても褒めてくれるのでやる気になります、全く怖くありません、むしろ仲良くなりました。

さすがに1日で完全にマスター!とはなりませんでしたが、

英語力はすごく付きました。

特に英文の読み、英文を考えて話すことはかなり得意になりました。

何より英語に対しての拒否反応がだいぶ薄れた気がします。

今回は1日のプランでしたが、もっとしっかりしたコースにすれば、

週5日のネイティブの方との会話、週2日の専属トレーナーとのトレーニング、みっちりやってくれます。

びっくりするほど英語できるようになります(私はなりました)

英語は勉強したいけれどどこでやったらいいかわからない、確実に英語力を付けたい、ということであれば最高の環境だと思います。

以下から申し込みができますのでよろしければ参考にしてみて下さい↓↓

スポンサーリンク

まとめ

英語力が必要だということは重々承知しているのですが、

アレルギーがあってなかなか踏み出せない方も多いと思います。

ですが便利なもので今では本当に短期間で英語をマスターできる環境が整えられます。

英語を学びたいけど、時間はかけたくない。

そんな方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました