公認会計士『講義の受け方で合否が決まる(良い受け方、悪い受け方)』

スポンサーリンク
この記事は以下のような方におススメ
・講義を漠然と受けている方
・講義の良い受け方を知りたい方

講義の受け方は超重要です。

こんにちは!とむやむくんです。

講義のやり方は講師によってそれぞれ。

しかしどの講義でも共通の受け方があります。

今回は実際私が失敗した受け方と成功した受け方について書いていきます。

【ストップ!!】監査法人就職のウラ技
簿記を勉強している。前職がある。
実は、これだけで十分就職可能です。

・完全に残業しない
・試験休暇なんと3ヶ月
・年収500万以上
⇒これが『今すぐ』実現できます。

合格前から実務要件を満たすので最短で会計士になることができます。
ただ実は…法人HPには求人情報はあまりありません。
監査法人に強い就職サイトを利用することでBIG4含め様々な情報を得られるようになります。
私はBIG4に強く業界1位の実績があるこちらでかなり面倒を見てもらいました。もしお悩みでしたら登録してみて下さい↓↓(さらに、登録後案内のある面談(電話等で数分)を受けると紹介してもらえる求人がグンと増えます

受験生向けオススメ求人情報!
就職サイトは複数登録し、合わなかったらすぐ変えてしまうというのが一般的です(無料ですし)。私が使っておススメだったサイトをいくつかご紹介します。

〇高収入求人希望の方
監査法人の求人も見たいし、好待遇な求人も見たい。
そんな方はミドル~ハイクラス求人に特化したサイトをオススメします。
どちらも大手でCM等で有名な会社ですのでよろしければ登録してみて下さい。
JAC Recruitment
エンワールド・ジャパン

〇19歳~28歳の方
こちらは逆に利用できる年齢が制限されていますが、その分各企業担当からの面談対策等一人当たり10時間以上の手厚いサポートをして下さいます。
掲載されている情報も優良求人ばかりですので、対象の方はぜひ登録してみて下さい。
第二新卒エージェントneo

スポンサーリンク

失敗した(良くない)受け方

まずは失敗した受け方です。

私自身この受け方をずっとやっていて、ずっと合格できませんでした。

漠然と講義を受ける

講師が言ったことをふむふむと聞いて

講師が指示した箇所にマーカーを引いて

再びふむふむと聞く

講師によって講義の進め方はそれぞれですから

中にはマーカーを引く指示をしない方もいらっしゃいます。

ただ話しているだけで何の指示もしない方、テキストを読みすらしない方もいます。

ああ今回の講師は外れだな、そんな風に思ったことはないでしょうか。

確かにあまり当たりではないのかも知れませんが…

ただこの漠然と講義を受けるスタイルは改めるべきだと私は考えます。

テキストをあとで見返したとき

・どこが重要か全くわからない
・読んでも何のことか内容が理解できない

この状態では正直、講義を受けている意味がありません。

スポンサーリンク

成功した(良い)受け方

私自身、漠然と講義を受けた挙句、外れと判断した講師の講義は受講しないなど、有効に講義を活用できていませんでした。

失敗を重ねるうちに、最終的に成功した講義の受け方について書いていきます。

後でぜったい忘れることを前提に受ける

まず大前提です。

講義で受けた内容は絶対に後で忘れます。

(余程の天才でなければ。私には無理でした)

そこで講義で一番重要なことは

後で見返したときにどこが重要か、どこがよく出るか、そこはどういう意味なのか、をテキストに記録することです。

講義内容は絶対に忘れます。

理解した状態のものをテキストに記録しておかなければその理解した時間は無駄になります。

繰り返しになりますが

①どこが重要か
②どこがよく出るか
③どういう意味なのか
この3点をテキストに記録してください。

マーカーの指示をしない講師の場合は、話からどこが重要かを判断してください。

(なので、個人的には指示してくれる講師の方がありがたかったです)

おすすめの勉強法

講義の受け方は上に書いた通りですが、

これを踏まえて全科目で共通の勉強テクニックをまとめています。

私はこの方法で散々落ち続けた試験に半年で合格できました。

本来note等で後悔すれば少し儲かるのでしょうが、少しでも多くの皆さんに情報発信をするため無料で公開しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は講義の受け方について書いていきました。

本当に講義は講師によって様々な方法で進行します。

それでも気を付ける点は一緒です。しっかり記録をして下さい。

スポンサーリンク

社会人の私が合格した方法

働きながら失敗を重ね

何とか合格した私の受験記録の全てを合格体験記としてまとめました。

少し長めですが渾身の記事になっているので是非ご覧ください。

また、ネットの情報に騙されない本当におすすめの予備校、社会人のスケジュールについても公開中です。

▶全科目共通の勉強テクニックを紹介!

タイトルとURLをコピーしました