【1000万損する】監査法人の定期採用はNG。秘密の就職方法公開!

スポンサーリンク
この記事は以下のような方におススメ
・監査法人の定期採用を検討している
・前職があり監査法人を目指している
とむやむくん
とむやむくん
私はもう一度就活するなら「定期採用では絶対入りません」。
こんにちは!とむやむくんです。

公認会計士試験合格後に監査法人に勤める場合、

大半の方が合格発表後の定期採用を利用すると思います。

しかし、場合によってはその入所方法では損をする場合があります。

今回は定期採用ではどうして損をすることになるのか、について書いていきます。

予備校は合格率35%のこちらがおススメ!
【CPA会計学院】無料資料請求はこちら

【ストップ!!】監査法人就職のウラ技
簿記を勉強している。前職がある。
実は、これだけで十分就職可能です。

・完全に残業しない
・試験休暇なんと3ヶ月
・年収500万以上
⇒これが『今すぐ』実現できます。

合格前から実務要件を満たすので最短で会計士になることができます。
ただ実は…法人HPに求人情報はあまりありません。
情報を得るには監査法人に強い就職サイトへ登録する必要があり、そうすることで全てのBIG4求人を見ることができるようになります。
私はBIG4に強く業界1位の実績があるこちらでお世話になりました。
もしお悩みでしたら無料登録してみて下さい↓↓(今は特に受験生向け求人が大量にあるそうです!)

受験生へ伝えたいこと
勉強時間の確保はできていますか?
点数が伸び悩んでいませんか?
私がおすすめすしているのは監査法人で働きながら受験することです。
・残業無、受験相談等のフォロー体制充実
・試験前に長期の休暇取得が可能
・実務を通じた学習理解の向上
(さらに会計士実務要件を合格前に充足できたり、年収が高い、等のおまけつきです)
ですが各法人HPに求人はほぼ無く、合格者以外で監査法人へ就職する方の多くは、求人サイトを利用しています。
ですがサイトも色々で、中には監査法人の求人がない…なんて場合も結構あります。選ぶ際は監査法人に特化したサイトを選ぶことをおすすめします。
私が10か所以上利用して一番良かったサイトは『業界トップの実績』があるMS-JAPANです。リンクを貼っておきますのでご興味がありましたら登録してみて下さい。
新規会員登録(無料)はこちら【MS-JAPAN】

スポンサーリンク

定期採用ではなぜ損をするのか

さて、なぜ定期採用で損をするのか書いていきます。

場合によっては、かなり差が出てくることになります。

前職の経歴を無視される

前職がある方。

定期採用だと前職の経験は考慮されません。

・40歳で前職課長級だったとしても、新卒22歳の方と同じ待遇です。
・経理や監査で第一線で活躍していたとしても、入社1年目の社員と同じ扱いです。

わかってはいるけれど、なんだかなあ、という気持ちにはならないでしょうか。

そうですね、私は大いに思いました。

前職の経験が10年以上あるのに!そこは評価されないのか!と普通に感じてしまいました。

求人で探した方が待遇が良い

定期採用以外の方法がそもそもわからない、という方もいらっしゃると思います。

ですが、求人情報を見ると、

定期採用より待遇が良い求人がたくさんあります。

同じ仕事、同じ会社なのに、全然待遇が違う。

ビックリです。

これは前職が『なくても』たとえ新卒でも待遇が違うことすらあります。

1000万円損は言い過ぎでは?

タイトルにもしていますが、1000万円損するは言い過ぎではないのか?

いえ、そんなことはありません。

では例を挙げます。

①定期採用で年収500万で入った場合
②他の求人で年収600万で入った場合

(もちろん、会社や仕事内容は一緒です。こういうこともよくあります。)

この100万円の差は10年勤めれば

100万円×10年=1000万円

こうやって差は生まれてきます。

長く勤めれば務める程、この差は大きくなっていきます。

決して1000万円損する、が大げさでないことがお分かり頂けたかと思います。

スポンサーリンク

どうすれば損をしないのか

とは言われても定期採用以外の方法がわからない!

では、どうすれば具体的にいい条件で就職できるのか書いていきます。

勉強中の方

勉強中の方の監査法人への入り方については以前まとめていますので

よろしければこちらの記事を参考にして下さい。

試験合格者の方

まず、定期採用以外の求人情報を入手する必要があります。

google等で「BIG4監査法人求人」と調べると
・あまり出てこないか
・出てきても年収等の待遇がわからない
⇒どちらかになると思います。(会社HPは除いています)

以前にも書かせていただきましたが
監査法人等の約80%の求人は詳細が公開されていない非公開求人です。

これを見るには転職サイトに登録する他ありません。

転職サイトはどこでもお好きな所を使って頂いて構いませんが、

そもそも求人情報が見れないのでどこか登録はした方がいいとは思います。

以前からおススメしているのはMS-JAPANで、私も使っていた所です。(経理などの転職決定率業界1位です)

検討している監査法人の求人を見てみて下さい、好待遇な求人がたくさんあることがわかります。

ご興味あれば以下からご登録ください↓↓

新規会員登録(無料)はこちら【MS-JAPAN】

すでに公認会計士の方

すでに公認会計士の方はあまりいないとは思いますが、

すでに有資格者になっているのならば

マイナビ会計士に登録できるので

こちらに登録して求人検索をしていただければ問題ないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

何も知らず普通に就活に挑むと損することもあります。

少しでも幅広い情報を持ち、長い会計士人生、後悔のないようにしましょう。

参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました